私自身ベテランギャンブラーとして、歌や楽器演奏がカジノに及ぼす多大な影響というものを十分に認識しています。音楽とカジノは密接に関連しており、どんな状況においてもそれらを切り離すことはできないのです。そこでこのブログを通して、私がこれまで経験してきたおもしろい事実についてシェアしようと思います。興味のある方は、ぜひ続きをご覧ください。

まず、よく考えてみてください。歌や演奏がカジノに及ぼす多大な影響は否定することができませんよね?音楽はかつて「魂」のための食べ物と言われました。それはその通りですが、音楽は間違いなく今日のカジノの魂であるということができます。歴史を遡ってみれば、人類最古の余暇の楽しみ方も音楽でした。そして音楽はこれまでずっとその筆頭となっているのです。

大局的に見れば、ギャンブルは別に生きるか死ぬかの一大事とは言うものではありません。ギャンブルは単にお金の絡むゲームの総称であり、それ以上のものではありません。音楽なしで行うギャンブルは、さぞや退屈なものとなるでしょう。ギャンブルは、音楽を使ったエンターテイメントとほぼ時代を同じくして人々に親しまれるようになりました。つまり、人は歌うことを学び、料理することを学び、そしてギャンブルすることを学んだのです!

ギャンブルをしている時間の一瞬一瞬がものを言う!

ギャンブルをしている時は、その一瞬一瞬が重要であり、常にとめどなく音楽が流れている必要があります。一瞬ごとに人々の気持ちは異なり、賭けたお金を失いつつあるような時には、音楽によってその暗い気分を盛り立てることもできるのです。プレイしているスロットマシンでは、言葉が重要であるのと同様に、ギャンブルの背景としてその場にぴったりの音楽を楽しむことには重要な意味があるわけです。

音楽は、沈み込んだ気分をワクワクした気分に変える力を持つもち、ツキを自分の方へ向けるためにどうしても必要なものです。カジノの言語が進歩し開発されていくにつれて、音楽の曲目にも驚くばかりの進歩や発展が見られます。オンラインカジノのスロットに見られるオンラインギャンブルの現在の形態は、何世紀もの年月を経た後の結実であり、わずか数年で出来上がったものではないのです。

バックグラウンドミュージックが人の気持ち作用する瞬間

バックグラウンドミュージック(BGM)は、一般に非常によく親しまれている音楽でなければ効果がないということは確かです。曲の認知度が低ければ、カジノのバックグラウンドミュージックとして流してもピンとこないはずです。歌というものは、詩的表現手段であり、詩とは、詩人たちの内なる心情の吐露であるため、人々を楽しませ続ける効果があります。

そのため、ギャンブルでお金を使っていても、美しいメロディーの音楽が聞こえていると、喪失感に襲われたり悲しくなったりことはありません。ストレスを発散させるには、カジノで音楽の力を借りる必要があるのです。これには異なる意見もあるかもしれませんが、私個人的には、ギャンブルとは質の高い音楽を通して楽しむエンターテイメントであるべきだと考えています。